ネイパルとは

ネイパル北見とは

ネイパル北見は、網走国定公園内のサロマ湖(面積は北海道最大)東岸 に位置する、誰もが利用できる道立青少年教育施設です。 湖に沈む荘厳な落日や、日本最大の海岸草原とされる北海道遺産ワッカ原生花園 に咲き乱れる300種以上の草花、世界最大とも言われる古代遺跡群、冬には水面 が真っ白な流氷で覆われるオホーツク海がすぐ近くにあり、広大な自然や深い歴史 に恵まれた環境にあります。

    概観

  • 愛称『ネイパル北見』
  • 『ネイパル北見』は、『自然=natureネイチャー』と『仲間=palパル』 を合わせた造語『ネイパル』に、所在地「北見市=北見」を合わせた造語です。

【地勢】
北緯44度07分、東経143度58分。 網走支庁管内の東部に位置し、東は網走市、西は佐呂間町に隣接しています。 北はオホーツク海に面して、南東には丘陵性の山岳が多く、北西部は大きな平野が拓け、肥沃な農耕地として利用されています。また、サロマ湖の一部は北見市常呂町に位置しています。
【気候】
夏は涼しく、冬は北海道内でも比較的暖かいのが特徴です(真夏の最高気温は22℃、真冬は-10度内外)。降水量も少なめで、札幌地方の約半分(積雪期間は117日程度)。
オホーツク海の流氷は、例年1月中旬に接岸し、3月末頃まで海を閉ざします。
【沿革】
平成3年に、常呂町(『常呂町立かき島青年の家』)から北海道に移管し、新たに 『北海道立常呂少年自然の家』として出発してから現在(平成26年3月)まで、 実利用者数54万人を超える人々に利用されてきました。
平成26年4月より道条例改正に伴い『北海道立青少年体験活動支援施設ネイパル北見 』と名称が変更になりました。
 また平成19年4月1日よりへ平成26年3月まで、「(株)阿寒グランドホテル」が北海道の指定管理者の指定を受け運営し、平成26年4月からは「根釧NET・クロエ_コンソーシアム」が指定管理者として運営しています。

【デザイン】

    所章

  • 平成3年4月10日制定
  • (常呂中学校:長谷川 梢)
  • このデザインは、サロマ湖の豊かな自然に若者たちが生き生きとしている姿をイメージしています。
  • 緑色は少年自然の家の周りに生えるかしわの樹木を、赤とオレンジはサロマ湖の美しい夕日と若人の情熱を表しています。

利用できる方

★どなたでもご利用になれます★

ネイパル北見は、『北海道立青少年体験活動支援施設』という名称をもつ青少年教育施設ですが、研修・スポーツ・自然観察など目的のある方ならば、学校や青少年育成団体に限らず、どなたでもご利用になれます。ご家族、少人数でのご利用も可能です。

利用できない日

年末年始の12月29日~1月3日

※上記の日以外にも、施設の点検や改修などで使用できない場合があります。
※上記の『利用できない日』は、職員も不在ですので、利用に関するお申し込みやお問い合わせなどは、これらの日以外でお願いします。